こんばんは

咲き誇っていた桜も散り暖かい毎日。

そんな中母が「たまにはおじやにして」と。

「イヤです」と言う理由はなくw 母のリクエスト通りに。

おじや

ごちそうさまでした。